原料等輸送

コークス積込・運搬

石炭をコークス炉で乾留して作られたコークスは高炉に送られ、熱源及び鉄鉱石の還元剤として使われますが、高炉で使われない粉コークスを抜いて焼結に持っていったり、備蓄・高炉に送らないコークスをホッパーから抜いてヤードに運ぶ等の運搬をしています。

高炉で使うコークスの他に、出荷するコークスをホッパーからヤードに運搬し、管理をしています。

コークスヤードに篩分け機を設置し、未選塊コークスを篩分けして粒度別に管理して使用及び出荷しています。

灰・ダスト運搬作業

高炉、焼結、コークス工場、製鋼工場等各工場では、その過程で灰、ダスト等が発生します。これらは、集塵機等により回収され、沈澱池で乾かしたり、あるいはダストリサイクル設備でリサイクルされ、再利用されます。

スケール積込み・運搬作業

鉄鋼業では、鉄鋼製品を1トン作るために約130トンの水が使用され、ほとんどの工程で循環使用されます。循環率は90%に上り、各種製造業の中でも高水準です。

排水で最も多いものは、高炉等の設備を冷却する冷却水であり、設備冷却に用いられるものは循環使用されます。一方で、製品に直接接触する冷却水、集塵装置に使用され回収される集塵水は、回収時に酸・アルカリ性の性質を示し、同様に浮遊物質や酸化鉄・油分等の物質を含むため、それぞれの性質・物質に対応した処理装置にて適正に処理し、大部分の処理水は再度循環使用されます。

陣上工業では、各工場に設置された排水ピットからクレーンでスケールを回収し、沈殿池等に運び、乾かして再利用に供しています。

屑物運搬作業

各工場では、その製造過程で端末屑等の製品にならない屑物が発生しますが、これらは回収され、ほぼ100%再利用されます。

陣上工業ではラガーバックを使用したラガー車、または各工場で天井クレーンを使用して屑物バックをトラックに積み込み、指定のヤードまで運搬しています。

浜出し作業

コークス、型銑、水砕スラグ、二次灰をそれぞれのヤードで積込み、それぞれの出荷バースまで運搬し、卸しています。

出荷バースまで運ばれたコークスや型銑は船に積み込まれ、出荷されます。

ガスドレン排出点検・回収、廃油回収

ガスドレン排出点検作業:構内に350箇所以上ある副生ガス設備のガスドレン排出及び附帯設備を毎日点検し、異常の有無を確認するとともに、次の日のドレン回収予定場所を決定します。

ガスドレン回収作業:構内工業用ガス[COG、MIXG、BFG、LDG]のガスドレン回収を実施します。

廃油回収・運搬作業:所内各所、事業所から発生する含水廃油、固形廃油及び構内排水溝等の油浮遊排水等を発生元の各課、事業所からの依頼要請に応じて回収し、受入れ場所まで運搬します。

その他運搬作業

その他の運搬として、構内発電所で必要な水酸化マグネシウムの運搬、サンプル試験片の運搬、塵芥の運搬、水酸化鉄の抜き取り・運搬等も実施しています。