プラスチックリサイクル事業

プラスチックをゴミにしない施設が室蘭にはあります

圧縮梱包されたプラスチックや、製鐵所やみなさんの生活で発生するプラスチックゴミは、新たな資源として生まれ変わっています。

圧縮梱包

各自治体から室蘭製鐵所への廃プラスチック収集運搬、室蘭製鐵所廃プラスチックリサイクル設備の運転、室蘭市の廃プラスチック圧縮梱包の業務等を実施しています。
道内の自治体から運ばれてきたプラスチックゴミから異物を除去し、破砕し、低温での減容成形で造粒物を作ります。平成26年度実績で、北海道内のプラスチックゴミ5万7千トンの51%、2万9千トンを室蘭製鐵所で処理しています。

プラスチックリサイクル

■製鐵所は廃プラスチックを100%再利用しています

室蘭製鐵所では、廃プラスチックをコークス炉の燃料(ペレット)として使用できる設備があります。また、塗料や容器などさまざまな商品の原料としても再商品化されます。
再商品化された炭化水素油、コークス、コークス炉ガスは、それぞれ製鐵所内にある化成工場、高炉、発電所で有効利用されます。40%が、炭化水素油として化成工場で、20%がコークスとして鉄鉱石の還元剤として高炉で、40%がコークス炉ガスとして製鐵所内の発電所等で利用されています。

100%再資源化するコークス炉

事前処理されたプラスチックはコークス炉で石炭と混合され、炭化室内へ投入されます。炭化室内は加熱室からレンガ壁を介して無酸素状態のまま約1,200℃まで加熱されすので、その高温で安定した物質に熱分解でき、プラスチックを100%有効利用しています。

原料として再商品化

回収した物質は化学原料として直接利用され、容器、塗料、電子回路、カーボンファイバー(自転車のフレームなどに使われる)などに生まれ変わります。その他にもそれぞれ製鐵所内にある化成工場、高炉、発電所で有効利用されます。

■大気も水も汚さないで、ほぼ100%分別できます

室蘭製鐵所のプラスチック工場は、以下の特徴があります。

□排気ガス・排水が発生しない処理工程
加熱炉や水処理の無い設備であり、排気ガスや排水が発生しないので、大気も水も汚しません。

□選別機械の充実により、異物をほぼ100%除去
様々な選別装置を装備し異物対応能力が高いため、プラスチック以外の異物(金属、ガラス片、土砂など)をほぼ100%除去します。

陣上工業では運搬、各機器の運転、生成物の運搬、処理までを行っています。

■リサイクル工程

1.北海道内各自治体から回収してきたプラスチック

2.一次破砕

3.細かくしたプラスチック

4.圧縮して堆積を減らした成形品プラ