スラグ運搬

スラグはみなさんの生活に役立っている資源です

製鐵所から発生するスラグは廃棄物ではなく、セメントや輸送に関わる陣上工業にとっては欠かすことのできない道路の土木材料などに有効活用されている資源です。

各地に運搬しています

発生する高炉スラグは銑鉄1トン当たり約290kg、製鋼スラグは粗鋼1トン当たり約110kgほど生成されますが、ほぼ全量有効活用されています。生成された鉄鋼スラグは製鐵所内と製鐵所外への運搬、水砕スラグは製鐵所から港、そして各地へ運搬されています。
陣上工業は、さまざまなスラグの運搬部分を担っています。


リサイクルの詳細はこちら

スラグとは?

■スラグの活用例

・高炉セメントなどのセメント原料
・コンクリート用骨材
・道路用路盤材などの土木材料
・保温・断熱材(ロックウール原料)
・肥料原料

■高炉セメントの特徴

スラグなどを使って作られる高炉セメントには普通セメントにはない特徴があります。

□省エネルギーで作ることができる
普通セメントを作るときに比べ、燃料や電気などのエネルギー、CO2ともに約40%削減できます。石灰石・砕石などの使用も少ないため、天然資源も節約になります。

□強度、耐久性ともに優れている
長期間の強度は普通セメントをしのいでおり、発熱も少ないため温度によるひび割れ対策にも有効です。また、耐水、耐摩耗性にも優れているので、塩害などの浸食にも強くなっています。